可愛いベビーシューズが盛沢山|ぴったりのアイテムがある

赤ちゃんの最初の靴

選び方のポイント

赤ちゃん用品

赤ちゃんがつかまり立ちを始めたら、ベビーシューズのことを考えてみましょう。
まだ歩けないし、ベビーシューズなんて早いかも、と思われるかもしれません。
しかし外に出て歩くときには必ず靴が必要になります。
そのときにいきなり靴をはくと、慣れない感覚に戸惑ってすぐに履いてくれないこともあります。
つかまり立ちの段階から靴に慣れて、実際に外に出たときにはきちんと履けるようにしておくと安心です。
最初に選ぶベビーシューズはまさに練習用の靴といったもので、室内で履くタイプのものになります。
ベビーシューズのサイズは実際の赤ちゃんの足の大きさから5ミリから10ミリ大きなものを選びます。
赤ちゃんは足の指を上下させながら歩くのでゆとりがある靴をはかせてあげるようにしましょう。
また、靴底がよくしなって軟らかいものが赤ちゃんの足に優しいものになります。
合わない靴を履いていると赤ちゃんの足の成長にも影響しますので、赤ちゃんの足にあったものを選びます。
さらに履かせやすさも大きなポイントです。
履き口が大きく開いて履かせやすいものを選びましょう。
靴をはかせるのに時間がかかってしまうと、親子ともにイライラしてしまいます。
また、しっかり立ったり歩いたりするためには、履き口が面ファスナーなどでしっかり固定できることも大切です。
固定が甘いとちょっとしたことで脱げてしまったり、十分に力をかけることができなくなります。
このような点に注意してベビーシューズを選びましょう。

ファーストシューズは宝物

ベビー

赤ちゃんが1人で立てるようになったら、ベビーシューズを準備すると思います。
ベビーシューズは見ている分には小さくて、とても可愛らしいものですが、実は雑菌だらけです。
赤ちゃんは大人よりもたくさん汗をかきます。
歩くのがだんだん上手になってきた子どもは運動量も多くなるので、さらに汗をかくようになるでしょう。
また、保育園に行く子どもは外で遊ぶこともあるので、ベビーシューズの中に砂が入っていたりします。
子どもが清潔に靴が履けるようにベビーシューズも小まめに洗うようにしましょう。
また、親にとって子どもが初めて履くファーストシューズは思い出になる靴です。
ファーストシューズを綺麗にして保管する親御さんも多いようです。
ファーストシューズの保管方法としては、飾れるようにボックスに入れると良いでしょう。
ファーストシューズ用のバックスが販売されています。
壁掛けや置物としておしゃれなインテリアのようにできるので、ベビーシューズを残したい方にはおすすめです。
子どもの靴はすぐにサイズアウトしてしまうので、きれいに洗って知人にあげたり、ネットオークションやフリマアプリなどで販売するのも一つの方法です。
兄弟のために残す場合は、型崩れしないように靴の中に新聞紙を詰め、防虫剤や乾燥剤を入れた段ボールや買ったときの箱などに保存すると良いでしょう。
子どもか使うものは、親子さんにとって一つ一つが宝物なので綺麗に保管することをおすすめします。

足に合った物を選ぶ

ベビーシューズ

赤ちゃんの履く靴のことをベビーシューズと言います。
初めて履く靴のことはファーストシューズと言い、よちよち歩きや一人で歩いてもまだ安定していない時期に履く靴のことを言います。
次にセカンドシューズとは一人である程度歩くのが安定して、活発に動けるようになった時期に履く靴のことを言います。
どちらもベビーシューズのことを言いますが、履く時期などによって呼び方が違っています。
ファーストシューズは初めて履かすことになる靴ですので、選ぶ時は注意が必要になります。
まず始めに購入する時期ですが、歩き始めてから購入するほうが良いでしょう。
すぐに必要という訳ではありませんので、購入する際は慎重に選ぶ必要があるでしょう。
そして選ぶ際には必ずサイズを計測しなくてはなりません。
ベビーシューズはメーカーによって同じサイズであっても幅や甲の高さ等違いがあります。
ですのでサイズがあっていても必ず試着するほうが良いでしょう。
サイズより少し大きめを購入するのが普通ですが、すぐに大きくなるからといって大きすぎる靴を購入するのは絶対にダメです。
どんなに良い靴を選んでもサイズが合わなければ意味がありません。
セカンドシューズを選ぶ場合も同じです。
子供の足はすぐに大きくなるので、大体目安としては三ヶ月おきぐらいに測定するのが良いでしょう。
ベビーシューズを履いてよちよち歩く赤ちゃんを見るのはとても可愛いです。
足のサイズにあった靴を購入してあげてスクスク成長出来るようにしてあげるのが良いでしょう。

小さくても万能です

ベビーシューズ

赤ちゃんの足をサポートするベビーシューズは、つかまり立ちを始める頃から履かせましょう。柔らかい素材のルームシューズから始めて、慣れてきたら外履きに挑戦するといいでしょう。赤ちゃんには、足首が柔らかく、締め付けの弱い靴が最適です。

もっと読む

赤ちゃんの最初の靴

赤ちゃん用品

赤ちゃんが最初に履く靴は、室内で履くタイプのベビーシューズです。外で靴を履く前に室内で靴に慣れておくと安心です。選び方のポイントは、赤ちゃんの足の実際の大きさより5ミリから10ミリ大きいもの、靴底が軟らかいもの、履かせやすいもの、履き口がしっかり固定されているものを選びます。

もっと読む

しっかりと選ぶ

乳児

赤ちゃんがよちよち歩きができる頃に、ベビーシューズを買ってあげましょう。しっかりサイズを確かめるように専門店で、有名メーカーのものを選ぶと良いと思います。足が大きくなったら早めに大きいサイズに買い替えるようにしましょう。

もっと読む