可愛いベビーシューズが盛沢山|ぴったりのアイテムがある

しっかりと選ぶ

時期に合わせて

乳児

赤ちゃんがつかまり立ちをできるようになれば、よちよち歩きだすのも間もなくです。
そのような時期になると、そろそろ歩くのに使うベビーシューズの購入を考える必要があります。
最初に履かせるベビーシューズは11センチくらいのサイズになりますが、できるだけ有名メーカーのものを選ぶようにしましょう。
有名メーカーのベビーシューズは、歩くのに慣れていない小さい子供ができるだけ歩きやすいように配慮がなされています。
足首が固定されるようだったり、つま先はひっかかりにくいようになっていたりするほか、シューズの中が柔らかめで肌にやさしいなどの工夫がされています。
また購入にあたっては、足のサイズを測ってくれる専門店で購入するのがおすすめです。
まだ話すことができない赤ちゃんは、キツイとかゆるいとか教えてくれません。
そのため、サイズをしっかり測って、適切なベビーシューズを選ぶようにして下さい。
また大人とは違い、赤ちゃんの足はすぐに成長して大きくなってきます。
キツイ靴を履かせ続けると、足の成長によくないし、歩きにくくて転んだりする心配も増えてくるので、小さくなったら早めに大きいサイズに買い替えましょう。
値段的にも3000円台から6000円台となっており、それほど高くはありません。
赤ちゃんのためにもケチる品物ではないと思いますので、しっかりしたものを購入して下さい。
また店舗で予め試し履きして、インターネットで安くなっているものを購入するという方法もあります。

リサイクル方法は様々

ベビーシューズ

赤ちゃんの成長速度はとても早いのでベビーシューズは定期的に交換が必要です。
そのため気が付くと履けなくなったベビーシューズがたくさんたまってしまいます。
履きつぶしたベビーシューズはまとめて廃棄すればよいのですが、ほとんど履くこともなくサイズアウトとなったものは捨てるのに躊躇してしまうものです。
そのようなほとんど使用しなかったベビーシューズはリサイクルしてみましょう。
状態が良くきれいなものであればベビーシューズも再利用が可能です。
リサイクルする方法にはいくつかの手段があります。
まずその一つがボランティア団体を通じて途上国に寄付する方法です。
使用感がほとんどなくきれいなベビーシューズをボランティア団体に寄付すれば、途上国にまとめて発送して現地で役立ててくれます。
また交換サイトを通じて処分するという方法もあります。
交換サイトを通じて不要となったベビーシューズを処分すれば、捨てることなくほかの赤ちゃんに使ってもらうことができます。
この交換サイトを利用すれば謝礼としてポイントが貯まるので、貯まったポイントを利用してほしかったベビーグッズを譲り受けることもできます。
思い出となるファーストシューズの場合は保存も可能です。
専門店に依頼すれば、特殊な樹脂や薬品を使ってベビーシューズをインテリアとしてリサイクルしてもらうこともできます。
たくさんたまったベビーシューズの処分方法に困ったときは、以上のような方法を利用してリサイクルしてみましょう。

フィットする靴を用意する

家族

赤ちゃんが生まれてから歩き始めるまでにかかる期間は、平均すると一歳前後です。
早い子だと5〜6か月で1人で立てるようになります。
赤ちゃんが歩き始める頃には赤ちゃんの足のサイズに合わせたベビーシューズを履かせてあげられるように準備しておくと、慌てなくて良いので安心です。
赤ちゃんはハイハイを始めてからつかまり立ちを覚えて、それから一人歩きができるようになります。
いきなり歩き出すという事はないので、そろそろ歩き始めるかなと思った頃に準備を始めるとスムーズにベビーシューズを履かせてあげることができます。
購入する時はお店で足のサイズを計ってもらうと、赤ちゃんが履きやすく歩きやすいベビーシューズを購入することができます。
大人と同じように、赤ちゃんも足の幅や甲の高さがそれぞれ違います。
靴のメーカーによっても違いがあるので、事前にベビーシューズに詳しい店員さんのいる靴屋さんを探しておきましょう。
赤ちゃんの軟骨は柔らかいため、足に合わない靴でも履かせてあげると簡単に履けてしまいます。
ただ、そのまま放っておくと正しい成長を止めてしまうことになるので、注意が必要です。
正しい靴選びのポイントは、甲の高さ、つま先、かかと、靴底の4つです。
甲の高さは赤ちゃんの成長に合わせやすいマジックテープの靴がおすすめです。
また、つま先は広がりのあるもの、かかとはホールド感のあるものを選びましょう。
靴底は柔らかめのものを選ぶと良いでしょう。

小さくても万能です

ベビーシューズ

赤ちゃんの足をサポートするベビーシューズは、つかまり立ちを始める頃から履かせましょう。柔らかい素材のルームシューズから始めて、慣れてきたら外履きに挑戦するといいでしょう。赤ちゃんには、足首が柔らかく、締め付けの弱い靴が最適です。

もっと読む

赤ちゃんの最初の靴

赤ちゃん用品

赤ちゃんが最初に履く靴は、室内で履くタイプのベビーシューズです。外で靴を履く前に室内で靴に慣れておくと安心です。選び方のポイントは、赤ちゃんの足の実際の大きさより5ミリから10ミリ大きいもの、靴底が軟らかいもの、履かせやすいもの、履き口がしっかり固定されているものを選びます。

もっと読む

しっかりと選ぶ

乳児

赤ちゃんがよちよち歩きができる頃に、ベビーシューズを買ってあげましょう。しっかりサイズを確かめるように専門店で、有名メーカーのものを選ぶと良いと思います。足が大きくなったら早めに大きいサイズに買い替えるようにしましょう。

もっと読む