可愛いベビーシューズが盛沢山|ぴったりのアイテムがある

小さくても万能です

可愛いだけではありません

ベビーシューズ

ベビーシューズは、赤ちゃんが履く靴のことです。
つかまり立ちをする頃になると、足の裏がしっかりと地面に着くようになります。
足の構造をサポートする意味でも、ベビーシューズは大切な役割を果たしています。
赤ちゃんの成長は個人差が大きいので、ベビーシューズを履く時期は、明確には決まっていません。
一般的に1歳前後が目安ですが、自力で10歩ほど歩けるようになったらデビューします。
いきなり外靴を履く前に、まずはルームシューズから慣らします。
赤ちゃんの素足に近く、柔らかい素材のものを選びます。
ルームシューズに慣れてきたら、外靴に移行します。
外靴は靴底が固めで、足首部分が柔らかいものを選ぶと、足を締め付けずしっかりと守ってくれます。
また、靴のサイズが合っていないと、外反母趾や扁平足等のトラブルを引き起こしてしまうので、しっかりとサイズをチェックします。
ぴったりよりも、5ミリほど大きいサイズが良いです。
大きい靴に中敷きを入れるのは、怪我や転倒に繋がるので危険です。
汗等による足のムレを防ぐには、通気性の良い靴を選んだり、靴下を履くことがおすすめです。
シューズコーナーに足のサイズを測るアイテムがあり、不安であれば、測ってもらうこともできます。
3歳までは特に足の成長が早く、3ヶ月に1回は足のサイズを測るようにします。
ベビーシューズは、足の健やかな成長を助けてくれるアイテムなので、実際に手に取ったり、赤ちゃんに履かせてみることが大切です。

利用しやすくなりました

ママと赤ちゃん

ベビーシューズは、シューズブランドやベビー服ブランドが展開しており、デザインや機能性に優れた商品がたくさんあります。
大人の靴に比べて、ベビーシューズは赤ちゃんの足の成長に影響するので、慎重に選ぶ必要があります。
実店舗に出向いて、サイズ計測をしてから購入する方が大半ですが、最近は通販も注目されています。
通販だと、サイズや色味が伝わりづらいので、イメージと違う場合が多いです。
しかし、通販でも試着ができるようになり、一旦購入してから、サイズや好みに合わなかった場合、無料で返品できます。
気になる商品をいくつかピックアップしておいて、履き比べることも可能です。
また、送料はかからない所がほとんどで、実質的な負担は、ベビーシューズの代金のみです。
店舗へ出向く際の交通費やガソリン代がかからず、家にいながらゆっくり靴を選ぶことができます。
近くに店舗がなかったり、子供を連れていくのが大変な方にも利用しやすいです。
通販で購入する時は、商品の詳細ページをよく確認します。
サイズであったり、デザインや素材なども見ておくと、商品のイメージが湧きやすいです。
赤ちゃんの足は、まだ土台がしっかりしていないので、靴底が固めで足首回りが柔らかめの素材を選ぶと良いです。
また、脱着がしやすいマジックテープ式もおすすめです。
ベビーシューズはサイズアウトが早いので、3ヶ月程度で買い替えることを想定して購入します。
通販でもお店のように試着できて便利です。

コツをつかめば簡単

赤ん坊

赤ちゃんのベビーシューズは手編みで作ることもできます。
編み棒や毛糸など基本的なものを手芸店で購入すればすぐにチャレンジできるので、楽しみながらベビーシューズの購入費用を節約することができます。
ベビーシューズの作り方はネットで簡単に調べることが可能です。
ニット以外にもサテンやボアなど様々な素材を使用した作り方が紹介されているので、デザインにもしっかりとこだわることができます。
手編みのベビーシューズを作る際のポイントはシンプルに仕上げることです。
シンプルなデザインであれば短時間で作製できるメリットがあるほか、引っかかるポイントも少ないので安全性の高いベビーシューズが出来上がります。
歩くことを目的としないルームシューズや防寒用シューズから始めると、少しずつコツを覚えてステップアップしていくことができます。
また手芸店に行けば手編みのベビーシューズキットも販売されています。
ベビーシューズキットにはあらかじめ材料や編み棒などがついているほか、詳細な説明書もあるのでほとんど手芸経験のない人でも手軽に始められます。
手編みのベビーシューズはママ友達とのコミュニケーションにも役立ちます。
手編みはコツさえつかめればたくさん作ることができるようになるので、ママ友達の赤ちゃんにプレゼントして楽しみを共有するのもよいでしょう。
手編みのベビーシューズはわずかな資金で始めることができるほか、趣味と実益を兼ねることができるのでチャレンジしてみることをおすすめします。

小さくても万能です

ベビーシューズ

赤ちゃんの足をサポートするベビーシューズは、つかまり立ちを始める頃から履かせましょう。柔らかい素材のルームシューズから始めて、慣れてきたら外履きに挑戦するといいでしょう。赤ちゃんには、足首が柔らかく、締め付けの弱い靴が最適です。

もっと読む

赤ちゃんの最初の靴

赤ちゃん用品

赤ちゃんが最初に履く靴は、室内で履くタイプのベビーシューズです。外で靴を履く前に室内で靴に慣れておくと安心です。選び方のポイントは、赤ちゃんの足の実際の大きさより5ミリから10ミリ大きいもの、靴底が軟らかいもの、履かせやすいもの、履き口がしっかり固定されているものを選びます。

もっと読む

しっかりと選ぶ

乳児

赤ちゃんがよちよち歩きができる頃に、ベビーシューズを買ってあげましょう。しっかりサイズを確かめるように専門店で、有名メーカーのものを選ぶと良いと思います。足が大きくなったら早めに大きいサイズに買い替えるようにしましょう。

もっと読む