可愛いベビーシューズが盛沢山|ぴったりのアイテムがある

新品のものを履かせよう

使い回しは成長に関わる

ベビーシューズ

赤ちゃんがいて、上の子供が履いていたベビーシューズがまだ家にある時、それを使い回ししたいと考える人も多いでしょう。
上の子が履いていたベビーシューズがまだきれいな状態ならば、なおさらです。
「まだ赤ちゃんならお古でも文句は言わないし、使い回ししようっと。
」そんなありがちな親の考えですが、実は靴の専門家にいわせるとNG行為なのです。
靴は新品の状態だと、同じメーカーで同じ靴ならばどれも形は同じです。
しかし、履いているうちにその人の靴の形になっていくのです。
分かりやすくいうと、長年履いていた靴が内側だけすり減っていたり、逆に外側の部分がすり減っていたりしているのです。
さらに足には個人差があり、上の子の足幅が大きいならば靴もそれに合わせて変形している場合もあります。
外見はそんなに汚れていないベビーシューズでも、実は前に履いていた子の癖が付いている場合もあるのです。
その癖が付いた靴を下の子に履かせてしまうと、下の子が歩きを覚える大事な段階で変な歩き方を習得してしまう可能性もあります。
歩き方は一度癖が付くとなかなか直らないもので、ベビーシューズが原因で歩き方に違和感を感じる子になったら後悔してしまいます。
なので、歩きを覚える成長段階だからこそ、ベビーシューズはお古ではなくて新品の癖がない靴を用意してあげましょう。
赤ちゃんはまだしゃべれないため、ママに歩きずらい、なんか靴が変など伝えられません。
きちんとした歩き方を身に付けるためには、安い靴でもいいので新品が必要です。

シューズの特徴

親子

赤ちゃんがつかまり立ちするようになったらベビーシューズの購入を検討しましょう。
家族にすれば可愛いベビーシューズについ目を向けがちです。
しかし、この時期の赤ちゃんの足の骨は成長途中なので、足に負担を書けないベビーシューズを選ぶことが大切です。
つかまり立ちや歩き始めの1歳前後の赤ちゃんは、かかとに重心をおいて歩くため不安定で転びやすくなります。
そのため、ベビーシューズはかかとが補強されていて安定性があるものを選びます。
赤ちゃんが履くと足首の高さまであるものは、足首を保護しますので深さがあるものを探します。
また、骨の成長を邪魔しないように締め付けるものは避け、柔らかくて足にフィットするものを選びます。
ベビーシューズの靴底が固くなくて折り曲げることができるものが良いでしょう。
紐がついたものは踏んで転倒しやすいので、マジックテープで固定するものを選ぶことも大切です。
1〜2歳ごろの赤ちゃんのベビーシューズは、歩行数が増えるのでつま先の横幅に余裕があるものを選びます。
つま先は7〜10mm程度の余裕があり、甲の部分がゴムになっているものが良いでしょう。
ゴム製の靴底は、滑りにくく歩いた時の衝撃を吸収してくれるので、ゴム製のものを選ぶことが大切です。
赤ちゃんにベビーシューズを履かせるのは、靴に慣れさせるという目的もあります。
ですから、デザイン性よりも赤ちゃんが履きやすくて歩きやすいベビーシューズを選んであげましょう。

いろいろな方法

赤ちゃん

赤ちゃんのシューズはサイズの変動が早く、すぐに新しいものに買い替えることが多いです。
そのため安心のブランド靴や足に優しい機能性の高い靴を揃えようとするとお金がかかります。
ベビーシューズを安く手に入れるには、いくつか方法があります。
一つ目の方法は、フリーマーケットを利用することです。
もちろん自治体や町の団体が開催するフリーマーケットに足を運んでもいいですが、インターネットのフリーマーケットサイトを利用すると確実に欲しい靴を見つけることができます。
中古品ですぐ足のサイズに合わなくなってしまった美品や貰い物の新品のベビーシューズなどが出品されているため、タイミングが合えばサイズの合う靴を安く手に入れることができます。
二つ目の方法は、クーポンなどを利用してショップで購入することです。
店頭だけでなくネットで割引のクーポンを発行しているショップもあります。
また、ベビー用品の専門店などでは不要になった靴を下取りに出すことで次回購入する新品のベビーシューズを安く購入することができる下取りサービスを行っていることがあります。
三つ目の方法は、おさがりをもらうことです。
どの家庭でも赤ちゃんの靴のサイズ変動が大きいのは一緒であるため、小さくなってしまった靴を持て余していることが多いです。
お互いに不要になったものを交換できたりメリットが多いので、知り合いで自分の子どもより大きい子どもがいる人に聞いてみましょう。
なるべく頻繁に子どもの足のサイズを測ってベビーシューズを買い替えるのが子どもの足の成長にとって一番大切なことでしょう。

小さくても万能です

ベビーシューズ

赤ちゃんの足をサポートするベビーシューズは、つかまり立ちを始める頃から履かせましょう。柔らかい素材のルームシューズから始めて、慣れてきたら外履きに挑戦するといいでしょう。赤ちゃんには、足首が柔らかく、締め付けの弱い靴が最適です。

もっと読む

赤ちゃんの最初の靴

赤ちゃん用品

赤ちゃんが最初に履く靴は、室内で履くタイプのベビーシューズです。外で靴を履く前に室内で靴に慣れておくと安心です。選び方のポイントは、赤ちゃんの足の実際の大きさより5ミリから10ミリ大きいもの、靴底が軟らかいもの、履かせやすいもの、履き口がしっかり固定されているものを選びます。

もっと読む

しっかりと選ぶ

乳児

赤ちゃんがよちよち歩きができる頃に、ベビーシューズを買ってあげましょう。しっかりサイズを確かめるように専門店で、有名メーカーのものを選ぶと良いと思います。足が大きくなったら早めに大きいサイズに買い替えるようにしましょう。

もっと読む